恋が愛にかわってくるとき(セックスレスの悩みスッキリ解消)

恋が愛にかわってくるとき(セックスレスの悩みスッキリ解消)

TOPページ 恋愛不足の解消法 > 恋が愛にかわってくるとき

 

恋が愛にかわってくるとき

 最近の若い人に、「恋愛をしたことがありますか?」と聞いてみると「はい。あります・・」と答えられるで しょうか。恋愛ってなんだろう?って思うほど純愛のようなものに欠けている男女の付き合い方や、恋愛などに興味もなく過ぎ去っていく日々を過ごしているのではないでしょうか。

恋や純愛というものが、少しダサく感じ、イライラするものだから、避けて通りたいと思っているようです。すぐに深い関係になりたいと焦っていやらしい人だと勘違いされたり、遊びだと幻滅されたりと問題があるようです。相手のことを知りたいと思うことから初めていけばいいのです。

恋愛というのは時間がかかる

 実際、恋愛というのは時間がかかるもので、うんざりするようであればその相手は、長続きしない相手で恋
愛の相手ではなさそうです。

つまり、体だけの関係であったり、仕事だけの関係であったりということです。そして、話をしようとしても少ししかしてくれなかったり、時には、すれちがうだけだったりと、イライラすることは仕方がないのです。

でも気になるという存在の相手が、恋愛の相手に違いありません。もちろん、妄想の中でではなく、相手も自分に何か興味を示していないと何の発展もないでしょう。それを注意深く観察したり話をしたりしながら確認していくのです。つまり、そこで恋というものが芽生えるということです。異性に恋をするということが、自分の心の中にやさしさを生み出し、人を思いやることの大切さを教えてくれるでしょう。

それが、ドロドロとした人間関係ではなく、極端な動物的な本能でもなく、とても人間的なものであると思われます。イライラしていた人もその時は、何かボーっとした状態を経験するに違いありません。その感情は、持ち続けていれば、自分自身のためにもプラスの要素として、人にも好かれること間違いなしです。

長く過ごすべき大切な時間

少しボーっとした人だな、と思われるかもしれませんが、怪しまれたり可愛くないのでいじめられたりなどしないでしょう。自然に可愛いやつだな、と思われ親しまれるというわけです。ひとつ問題があるとすれば、だまそうとする異性が、勘違いして寄ってくるという可能性です。

その気もないのに、違う人についていってはたいへんなことになります。自分の思いを寄せる相手だけにしないとダメでしょう。そして、人へのやさしさの感情を大切にしておかなければなりません。

特に最近は、そのような感情を無視して先に無理に進もうとする傾向がありますが、できるだけそのやさしさを相手に与える時間を増やすことによって、相手もまた自分にやさしく接してくれる人になります。
 
つまり、その時間こそ長く過ごすべき大切な時間なのです。相手と楽しく話したり、いっしょにどこかへ行ったり、相手の友達や家族と話したり、とまるで親友のように、暮らしてみましょう。そうすると後で深い関係になった時、話題に困ることもなくシラケタ関係にならずにすみます。そして体だけの付き合いには、ぜったいにならないでしょう。

また、そういう時間をつくってくれない相手は、長く付き合えない人だとあきらめるしかないようです。恋の時間によって、相手の性格や細かいくせ、考え方、人間関係などすべて理解しあえるのです。その時間の間に、合わない人は自然に去っていくでしょう。この時間によって、二人の楽しい思い出がたくさんでき、気楽に付き合える関係になるのです。

そういう時間をたくさん過ごしていくうちに、恋が愛にかわってくるというわけです。

ページトップへ↑