結婚する前の心構え(セックスレスの悩みスッキリ解消)

結婚する前の心構え(セックスレスの悩みスッキリ解消)

TOPページ 結婚について > 結婚する前の心構え

 

結婚する前の心構え

結婚について独身の男女が真剣に考えることは、最近は、特に必要なことではないでしょうか。

付き合ってはみたものの、結婚までは考えられない人もたくさんいるでしょう。

また、結婚してしまってから、合わなくてすぐに離婚してしまう男女もかなり多いのです。

結婚が昔ほど一生問題だとは思われなくなってきています。

だからこそ、軽い気持ちで結婚して失敗したりするのです。

結婚する前にもっとよく結婚について考えて心の準備をしなければならないのではないでしょうか。


1.結婚とはどういう人がするのか

結婚が独身生活の逃げ道ではない、ということをまじめに考えていかなければなりません。

なぜなら、最近結婚する人たちに、そのような傾向がみられるのです。

独身で生活していて、毎日の仕事にあきあきしてきて、結婚した方が家で楽していられるんじゃないのか、と思ったり、仕事がうまくいかなくなったのは、まだ結婚していないせいなんじゃないのか、と思ってみたりし始めるのです。

実際、原因は別にあるのですが、偶然周りが結婚していく時期でもあると、ふとそういう風に考えたりし始めます。

結婚していなくても、仕事はうまくいくのです。それを、結婚のせいにするのは、まだ、結婚についてよく考えていない、どころか、結婚しても仕事がうまくいかないのでは、と心配した方が良いでしょう。

そして、男が家事をする、という体制が今の世の中だと誰も言っていないのにそう思っていて女が働きに行っていたり、と変な価値観で家庭を作ろうとしてはいないのか、もう一度考えてみるべきです。

家庭は、勿論自分たち夫婦が造るものであるけれど、目茶苦茶な価値観や妄想で造るものではありません。例えば、ちゃんとした子供を育てたり、くつろげる環境を作ったりと、社会性のある場所であると思わなければなりません。

それを頭に入れて家庭というものを、結婚というものを考えていかないとならないのです。


それには、やはり男女のどちらもが大人になっていないと家庭が築けません。

やりたい放題に夫婦のどちらかがやっているだけでは、家庭はすぐ崩壊してしまうでしょう。そのような男女は、まだ独身でしかいられないのです。

そして、人間関係も独身時代と無理に違わせようとして結局、それまでの友達に不信感を持たせたり、夫婦二人だけの世界に閉じこもって、狭い視野の中で、やっと落ち着いたんだと錯覚を起こすのです。

結婚して、独身時代の環境に終わりを告げるのではなく、守るべきものをつくる準備をしている、というだけなのに、変に大人にもなりきれてない男女が、結婚しただけで、独身時代の環境が無くなると、勘違いしています。

本来、結婚は、家と家の問題であって、二人きりの儀式ではないのです。

二人の世界が確かに結婚して存在していても、社会性があまりにも欠けていると、崩壊する可能性があるでしょう。

なぜなら、周りの見方は、結婚前と何も変わっていないからです。例え、名前が変わろうとも住む場所が変わろうとも、結婚したんだ、という風にしか考えていないのです。

それよりも、付き合いが極端に悪くなるたびに、結婚なんてしないでよかったのに、と思われないように、もっと周りにも気を配っていないとなりません。

もし、周りに気も使えないような無理のある結婚であるなら、しない方がいいのです。

まったく二人よがりな世界に周りがウンザリするなら、まだ独身の付き合いで十分です。


このように大人の儀式なのに、大人になりきれていない男女が結婚すると、いろいろな問題が出てくるのです。

結局、子供ができると自分たちの世界よりも社会性のある大人にイヤでもならないといけないのです。

そして、いろいろな立場から、子供を守ったり、教育していかないとなりません。

結婚するには、早い、という人がこの頃たくさんいるのでは、ないでしょうか。

結婚を独身生活の逃避に使わないように気をつけるべきです。


それには、どういった人が自然に無理なく結婚できるのか、考えてみましょう。

まず、社会性のある大人である必要があります。

できれば、自分の世界や趣味ももっているし、仕事を社会に出てしたこともある人である方が、よくできているでしょう。

最近は、女性でも、職業を持っている人もたくさんいますので、家庭を持ちながらも仕事を続ける人もいるでしょう。

しかし、この体制がいいともいえません。

男と同じように働いていくには、一生独身の方が本当はいいのです。

そのような女性は、多分少ないでしょうけれど。

なぜなら、結婚するとどうしても、男の側が目立ってしまう傾向があるのです。

それは、生物学上しかたのないもので、男女がいっしょに住んでいて、夫婦の営みもせずにはいられないだろう、ということといっしょなのです。

つまり、昔から夫婦は、自然に考えると強弱の強が男にあるようになるのです。

これは、日本だけではなく、世界各国皆そうなのです。それを解かっていなくては、なりません。

独身時代にどんなに強い女性であったとしても、結婚したら、そうもいられないと思った方が賢いでしょう。

結局、どれほど強がっていても男性の世話をしないといけないのです。

そういったことを理解しないといけません。

そして、男性も仕事について、一生続けられる仕事を持っているのかどうか、それよりももっと収入のいい仕事などに就ける働き者がいいでしょう。

つまり、ずっと収入が耐えないようなしっかりした財力を確認できないとダメなのです。

それが、男性に求められます。

結婚の意味

大人の男女が、結婚しようかと思った時、結婚を何かとても、重苦しいか、または、幸せでウキウキしたものか、どちらかに思うものです。

そのどちらにしても、結婚を意識した男女は、しばらく結婚について準備の期間をもうけなければなりません。

それは、心の準備でもあり、家同士の意識改革のようなものでもあるのです。

地方によって、作法や儀式は異なりますが、昔ながらの婚前儀式がある所もありますし、家同士の行き来だけで済ます所もあります。

特に、最近は、結婚式をすることもなく書面上で婚姻届けを出すだけの人たちもいますが、その場合も家の承諾は、勿論とるのです。

つまり、自分たち二人だけの世界ではなく、周りにとっても御めでたいことですので、大いに喜ぶべきではないでしょうか。

そして、そのような中で、結婚とは、家と家がつながることを意味するのだと、理解できるでしょう。

恋人同士の馴れ合いの関係では、ないのです。

子供が生まれると尚、男性の家の血縁と女性の家の血縁が混ざり合っている子供を育てるのだ、ということで、不思議なつながりを感じることでしょう。

女性は、お嫁にいったから、実家はもう関係ないと思ったら大間違いです。

実家の代表として違う家に来ている、といった風に考えるべきではないでしょうか。

よく実家の親とケンカばかりしている女性が結婚を実家から離れる逃げ場にした、という例もありました。

実家は、何かと結婚してからもたすけになってくれるはずですから、そのようにならないように、実家とも仲良くしておいた方がいいでしょう。

そして、男性側も自分の家に入ったのだから、何をしてもいいのではなく、大切に預かっていると思わないとなりません。

過去に、夫の趣味で奥さんに好き勝手な要求をし、奥さん側の人間関係を目茶苦茶にした、という例がありました。

それは、いくら夫であってもしてはいけないことです。

奥さんになる人も女性として十分大人のはずですから、独身時代の人間関係などを勝手に破壊してはいけません。

また、逆の場合もあり得ます。奥さん側が、夫を縛り付けてぎゅうぎゅうのめに合わせているという場合です。それもやめた方がいいでしょう。

それで、周りの環境に影響がでるのでしたら、無理があります。

そうならないように、まず、結婚とは、相手を縛り付けることではない、と思うべきです。

結婚する二人は、どんな時でも、協力者であり、お互いを邪魔する存在であっては、ならないのです。

そして、子供ができたら、いっしょに守っていかないとならないのです。

自分だけ好き勝手はできません。それが、結婚する二人の掟なのです。

つまり、結婚とは、決して甘いものではないのです。

結婚についての問題点

大抵、この人こそ人生のパートナーだと確信して、二人は、結婚するのでしょうが、それが勘違いだった時に問題は起きます。

やはり、その場合、男女のどちらかが、深刻に結婚を受け止めている場合が多いでしょう。

例えば、男性は、これでいいと思っているのに、女性がこの人ではなかったと思い、離婚したいと願っている夫婦です。

この場合、男性は、この人に一生付き添ってもらおうと決めてそれが間違いではないと思い込んでいるのです。

しかし、女性側は、ぜったいにこの人とはいっしょにもうやっていけない、と思ってイヤでしょうがなくイライラした日々が続きます。

つまり、どちらかが、離婚したくても、相手が承諾しないと離婚は成立しないのです。

この場合、男性側が離婚届けにサインしないと、いつまでたっても離婚できないまま女性は耐え難い日々を過ごすことになります。

この男性側は、結婚というものを、それほど軽く考えてはいないのです。むしろ、深刻に受け止めているからです。

その点も、できれば結婚する前に、この人は、例えば自分が離婚したいといった時、それに応じてくれる人かどうか知っておく必要があります。

そうでないと、結局どちらもイヤな思いをしながら過ごさないとなりません。

あまりにも耐えられないので、家出したまま消息不明になってしまう人もいるぐらいなのです。

それ以外では、子供がいるのに、ずっと離婚訴訟をし続け、ケンカの耐えない夫婦になっていって、それでも離婚しない夫婦もいるのです。

できれば、相手があまりにも離婚を要求してくるのでしたら、離婚してあげられる広い心の持ち主でいた方が変な争いも起きないでしょう。

仲の悪い夫婦像は、子供にとって良くないはずです。そして、ケンカが絶えない環境は、子供がかわいそうです。

この問題点を、これから結婚される方は考えた方がいいと思います。

よっぽど、離婚した方が幸せ、という夫婦もいる、ということです。

その他にも、結婚についての問題点があります。

 駆け落ち、という結婚の仕方です。

駆け落ち結婚が、周りに認められていないけれど、本人同士が認め合っているからいいじゃないか、という意見も多数ありますが、問題のひとつだといってよいでしょう。

若ければ、そのように結婚することは、可能ですが、年をとると、よっぽど努力してすばらしい家庭を造らない限り、さびしさが付きまとう可能性があるからです。

勿論、実家ともあまり縁もなく過ごさないとならないですし、たすけてくれる人たちが、それほど多数いればいいですが、いないと、孤独だといってよいでしょう。

恋愛結婚であれば、熱が冷めた時、なお孤独感に襲われるかもしれません。

しかし、自分たちの頑張りが、いつか周りに、この二人がいっしょになってよかった、と思わせる日がくるかもしれません。

それが、認められたら、皆、その二人を尊敬の眼差しで見ることでしょう。

しかし、現実は厳しい、といっておきます。

もっと、周りも駆け落ち結婚、というものの厳しさをわかってあげる暖かさをもつべきです。

そして、周りの同意も大切だけれど、本人同士の気持ちがやはり一番大切だと、改めて思わないとならないのです。

それを、駆け落ち結婚した二人の強さが、物語ってくれるでしょう。

つまり、孤独に強く、逆境にも強い二人しかできないのです。

結婚とは、周りの環境にも大きな影響を与えることなのですから、できるだけ、周りとも仲良くしていきたいことは、確かです。

あまり、お勧めとは、いえません。

むしろ、問題の多い結婚の仕方だといえるでしょう。

これからの結婚像

結婚ということを一生問題と考えるのは、もうしない方がいいかもしれません。

相手の気持ちがあって、初めていっしょに暮らせる、ということを忘れずに、結婚を考えていきましょう。

どちらかが、深刻に考えすぎていると問題は起きてきます。

その気持ちに敏感に気づくように、相手も注意していないといけないのです。

恋愛結婚が、恋愛の熱が冷めた時に終わりを迎えるのではないのか、と怖くて恋愛から抜け出せなくなったりしてはいけません。

恋愛を経験した二人であれば、無理なく過ごせると思ってください。後は、二人の考え方次第です。

問題は、離婚したいと思ったら、離婚させてあげる気持ちや、不自然なことに束縛されべきでないという心を相手に持ってあげることです。

バツ1やバツ2(離婚した経験の数)など、別に恥ずかしいことでもありません。

片親でもバツ1でも、堂々と楽しく暮らしている人は、たくさんいるのです。そして、子供のためにも、いい相手を探した方が、仲の悪い相手とずっといっしょにいるよりいいのです。

そういう風に、結婚を束縛の原因にしないようにしていきたいです。

そして、結婚前によく結婚について考えておく必要があります。

勿論、結婚する二人でよく話し合ってもいいでしょう。

そして、結婚を何かの逃避にしてはいけません。結婚相手が迷惑です。それも忘れずに覚えておきましょう。

結婚は、家と家の関係の儀式であるけれども、本人同士の気持ちなしでは、成り立ちません。

軽い気持ちでは、してはならないのです。

そして、十分心身共に大人になってからが自然なのです。

ページトップへ↑